このサイトの目的は、「生きる意味の道しるべを、誰もが手軽に見つけられるようにする」というものです。

あなたが例えば人生で圧倒的な壁にぶち当たったり、人間関係の葛藤に苦しんだり、それとも原因が分からない漠然とした不安感にさいなまれたとき、まずどのような行動をとるでしょうか。

私はそのような経験をしたとき、幾度となく「生きる意味」というワードでネット検索をかけたものです。

消えてしまいそうな自分の慰めとなってくれる、優しいことばがないか、また、孤独な自分を「それでよいのだ」と力強く励ましてくれる言葉がないか。

期待感を少しだけ持って、なんとなく探してみるのです。そのような経験は誰にでもあるのではないでしょうか。

しかし、残念ながら、「生きる意味」で検索をした当時の私は、結局、自分の強い乾き、漠然とした不安感の正体、本当に正しい納得のいく生き方、それらを発見することはできませんでした。

見つけることができたのは、「この世に生きる意味はない」「ただのゲームのようなものだ」というような、一つの価値観をただ代弁したに過ぎない、平坦で味気のないものばかりでした。

もちろん、こうした考え方も間違いではないと分かりつつも、何か違和感を感じずにはいられませんでした。

ネットで答えが見つからない。

その時点で、多くの人は「生きる意味」の探求を休止し、そのままなんとなく忘れてもとの生活に戻るでしょう。

ですが、この問いは、どこまでも隙さえあれば頭に浮上してきて、「考えろ」、「直視しろ」と言わんばかりに、しつこく付きまとってくるものです。

そして、また同じように少し検索してみて・・・そして同じ落胆と忘却を繰り返しているのではないでしょうか。

私自身はその後、ネットで見つからなかった答えを求めて、哲学、宗教、心理学、精神医学、可能な限りの書物を読みあさり、同時に教授、宗教的・精神的指導者にも教えを乞うような生活を数年間過ごしました。

この私のやり方は遠回りで、かつリスクの高い方法だったと今は思っています。

あの時の苦しみはもちろん自分にとって大きな糧となりました。しかし、今となって考えてみれば、「なぜもっと簡単に見つからなかったのか」というのが正直な感想です。

もし私の運がもう少しでも悪かったら、その糸口さえ決して見出すことができなかったでしょう。それほど、「生きる意味」を道しるべもなく、ゼロから探すのは困難なことです。

もし、生きる意味の道しるべを手軽に見つけることができる、そんなサイトがあれば、ここまで遠回りで、骨折り苦労をしなくともよかったのではないか。

そして、今も苦しんでいる人のために、私ができることがあるのではないか。

このような経緯で、このサイトは、「生きる意味を発見する道しるべ」をコンセプトに、立ち上げられました。

まだ運営者2名の小規模な体制ですが、できるだけ定期的に記事を投稿していく予定です。

記事が増えていけば、検索したときに「生きる意味」のヒントが見つかりやすくなり、より多くの人の渇きを満たしてくれる可能性が高くなります。

このようにして、生きる意味.netを起点に、様々な奉仕活動、利他行につなげていければと思っています。

生きる意味に悩める人すべてがこのサイトを訪問し、生きる意味のヒントを発見してもらうこと。

そして、新しい愛と知恵とパワーを得て、さらに多くの人に生きる意味を伝えてもらうこと。

そんな世界を作っていくのが、このサイトの使命だと考えています。